日立全整協レンタカーシステム

 従来は代車をお客様へ無償で提供してきましたが、「日立全整協提携レンタカーシステム」を利用することによって、有償で貸渡しができるようになりました。
また事故鈑金修理の際の代車として、損害保険会社に対して請求をすることが可能です。
 
 自社でレンタカーサービスを開設するのに比べ、初期投資や運用経費負担が少なく済み、試験的に1台から導入することが可能です。
またすべての工場顧客に対してレンタカーの貸渡しが可能となり、整備事業以外での収入機会が増えます。詳細は下記の資料をご覧ください。